セーヌ川クルーズでパリを一望

投稿日: 2016年8月25日 カテゴリー: Europe, Landscape, TOPICS


ここフランスはサマータイムもあり22時頃まで明るいです。日照時間が長いため何かと得した気分になり、私は今の時期が大好きです。
日中は気温が上がり日差しがじりじりと感じられるパリの夏、涼しい風を求めて夕食後にクルーズ船に乗ってきました。

セーヌ川のクルーズ船は何種類もありますが、食事なしで周遊するだけのコースであれば所要時間は1時間ほどで15ユーロ前後。観光客からは凱旋門やエッフェル塔と同じくらい人気です。私が乗った船はpont neuf(ポン・ヌフ)という橋に乗り場のあるVedettes du Pont Neuf(ヴデット・デュ・ポン・ヌフ)。乗り場には軽食やお土産が売っているキオスクも併設されていて便利だと感じました。
写真1写真2

こちらが乗り場から一望できるpont neuf(橋)とセーヌ川です。
写真3

まずはエッフェル塔を目指し、西へ向いて出航!セーヌ川には全部で37の橋がかかっていますが、 橋ごとに異なる様式や歴史があるので面白いです。
1900年のパリ展覧会のために造られたグランパレの建物と同時に架けられたアレクサンドル3世橋はアールヌーヴォー様式で、豪華絢爛。
写真4

エッフェル塔は地元民からも愛されるパリを代表するモニュメント。塔のふもとに広がるchamps de mars(シャン・ド・マルス)公園でピクニックをしているパリジャンも多いですが、特に夏の暑い時期はセーヌ川の河川敷も大人気です。
写真5

ここまで来たら、方向を変えて今度は東を目指します。Pont neufまで戻った頃には日が落ち始めていました。ノートルダムのあるセーヌ川に浮かぶシテ島にさしかかった時には街灯がついていて、パリのムードが高まります。日常生活にはそんなに気にすることのないパリの夕暮れですが、こうしてじっくりと景観を眺めていると、やっぱりパリは歴史が感じられて、美しい街だと改めて感動しました。
写真6

写真7

シテ島はほぼセーヌ川の真ん中に位置するため、船がぎりぎり通れるくらいの小さい橋もあってスリル満点。
写真8

パリは日が落ちると一気に気温が下がるので、夏でも夜は長袖でちょうどいいくらいです。この日もクルーズが終わるころには涼しい風が吹いていました。1時間はあっという間でしたが、セーヌ川沿いにはたくさんのモニュメントがあるので、効率よく、心地いい風を感じながら色々見られるのが良いです。
写真9写真10

元の停留所につく頃には、お月様も見えて、クルーズ前とは全然違う表情になっていました。私が乗った船はハイシーズンである3月15日から10月31日までは、10時30分から13時30分の間は45分毎、それ以降22時時30分までは30分毎に出航しています。個人的には21時台に乗ると、クルーズ中にサンセットも見えるのでお勧めです!

 

Bateaux Vedettes du Pont Neuf
Square du Vert Galant
75001 Paris, France
公式HP : http://vedettesdupontneuf.com
Tel : +33 (0) 1 46 33 98 38


CROSS-POINTS Press : Saori
学生時代、フランス・リヨンに半年間の語学留学を経験。フランスのヒト、文化、ファッション好きが高じて2014年1月に再び渡仏。現在はトレンドの発信地パリにて、アパレルショップに勤務。好きなことは散歩、カフェ巡り、DIY。